「初級革命講座飛龍伝80′」終わりました〜

土曜日昼、すごく良くなってた。
そして夜は、キレてました。
千秋楽は、公演をじっくり楽しむかのように、念入りに芝居をされていたように思います。

カーテンコールの最後に神尾さんによる挨拶あり。
「ここが自分の原点。解散は悲しいけど自分たちの再スタートでもある」
とかそんな感じのいい話をしていたように思います。

ほんとに久々の舞台、待ち焦がれていた舞台でした。
テレビで会えるのは嬉しいけど、やっぱり舞台の神尾さんが好きだなあって痛感した。
あのエネルギーのぶつかりが無いと物足りない。。。

早いうちに、また舞台の上に立つ神尾さんを是非拝見できること祈っております。

わたしが「舞台やってほしい」って何度も言っていたことを、「なんでそこまで舞台にこだわるの?」と思っていた神尾さんのファンの方もいらっしゃることと思います。
この舞台をご覧になり、その理由が分かったのではないかと思います。
いいですよね、やっぱり舞台に立つ神尾さん。ねーーーー。

土曜日は久々のメンバーと、つか芝居や、神尾さんをネタに、閉店まで粘って喋りまくり。
楽しくて幸せでそして終わってしまうのが猛烈に寂しいひとときでした。
やっぱりこれが私にとっての★☆北区つかこうへい劇団なんだな、と、痛切に感じたのでございます。

公演に関わられたみなさまお疲れ様でした。
本当にありがとう。

サイトで差し入れにご協力いただいたみなさま。
いつも盛り上げてくれるみなさま。
そして「アホだな~」と思いながらもROMってくださるみなさま。
みなさまにもたくさんの感謝を。

今回、本当にわたしはみなさんに救われているなあって思ったのです。
こんな変なファンサイトに来てくださって本当にありがたいです。
神尾さんのブログだけ見ていればいいのに、掲示板に感想残してくれたり、いろいろ教えてくれたり、さらにはこんなアホな管理人のブログにまで目を通してくれたり、毒舌におつきあいくださったり。

神尾さんのお人柄もあるでしょうが、なんかいつもほんわかした感じで。
微妙に荒れることがあっても、いつの間にかいつものペースに戻って。
みなさんのおかげです、ありがとうございます。

と、この公演を見て、本当にいろいろな人に感謝をしたくなりました。
「苦しいこと多々ございましょう。こんな時代ですもの」
という友部くんが言う台詞好きなんですよね。
つかさんの愛につつまれたそんな素敵な公演でした。

続き以下で千秋楽レポを。

——————————————————————————–
簡単な千秋楽レポでございます。怪しげなのでフォローしてくださると嬉しいです。

幕が降りて一転、下手から黒川くん登場。
「○○大待機しております!」の例の口上が始まります。

そこに機動隊と美智子の高野愛さんが「私はいま全教徒40万を率いる神林美智子です。ひくわけにはいきません」と登場。
懐かしき高崎俳句大の及川さん、鹿児島大の友部くんなどなど、聞いたことがある名前がずらずら出てきます。

桂木を演じる北田理道くんが「お前ら何回俺を豚箱に入れれば気が済むんだ!」と登場。
そこに第四機動隊を率いる一平ちゃんを演じる小川智之と18期生が登場。
ぐだぐだな第四機動隊に「こいつらカーテンコールのこと全然分かってないんです」とか言っていたような。

そこに「本物の大物俳優!」というナレーションとともに、我らが、山本亨、第一機動隊の狂犬病こと山本が登場です。
「飛龍伝90」の山本よろしくさらしを巻き、血糊をつけ、手に持ったビールを飲み、ぷはーってビールのしぶきを飛ばしています。
一平ちゃんの元にかけより
「一平ちゃん今バカって言った?俺バカって言われて人三人殺したことがあるけんね、絶対バカって言っちゃいけんよ」
「気をつける」
のやりとりがありました。きゃ〜〜〜〜!!

「飛龍伝90緊急福島原発バージョン」とか言ってたかな?
そこに亜紀ちゃん登場。いつもの華麗なダンス、そして華麗な英語。
「一号機二号機三号機、五号機六号機メルトダウンしています」
原発の話をしていて「つか芝居には原発がいつも出てきます。」とかいうナレーションあり。
智則くんが黒タキ(上着無し)で登場。
「海水を入れろ!入れるんだ!!再臨界を防ぐんだ」と叫んだような叫んでいないような。
全然覚えてない。
「首相の命令を無視し、日本を救おうとした男 福島第一原発所長 吉田昌郎」などと紹介がありました。
あー吉田繋がりか?

そしてセンターより神尾さんがDr.真木の格好(変なやっつけ眼鏡&黒スーツ。。あれ?ヒゲそった?)で登場。
「福島原発は私とは関係ありません」とかなんとか。
内ポケットから出てきたのは、キヨちゃん!!!!
そして久々の殺陣キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!きゃーーーーーーーーーーーー!!
キヨちゃんを操作し次の一平ちゃんの小川くんに握手させてました。

「初日まであと38時間、間に合うのか?」というナレーションがあったような。

もう亨さんが出てきたところで、テンションあがっちゃって、あんまりよく覚えて無くてゴメン。
だって亨さんのあのやり取り聞きたかったんだもの。
真木さんはただひたすらかっこよかったです。
よく、ああテンション低く抑えられるね。

—————————————-

以下、この千秋楽カーテンコールに関する私の個人的な毒舌を含む感想。
90・2000を見る方は回避したほうがいいかもよ。

この飛龍伝90の予告篇。

見た人が目にとめたのは、きっと亨さんと、最後の3人だと思うんだよ。なんでこういう風に作ったかなあ(苦笑)。
まあ予告篇だったら次回のものを入れるのが普通だとは思うんだけど、力量の差がわかりすぎちゃったんじゃないのか?

これ見たあとじゃあ、少なくとも私はあのキャストの飛龍なんて見たくないよ(爆)。
わたしの場合、智則くんがやめて、友部くんがやめたときには、すでに北区の公演をあまり見なくなっていたので、それ以降のメンバーって全然記憶に無いんだよね。芝居の印象も薄い。

90は筧利夫&富田靖子&春田純一という三角関係が成り立つからこそいいんじゃないのか?
それもすごく引っ張り合うから、引き合った時の引力もすごくて、ってそこが見所だよね?
こうも小さくまとまってちゃ、悲恋も描けないっていうか。

小川くんは私の中ではねずみ止まりだしなあ。
北田くんも小物すぎて桂木は厳しいよ…。
飛龍伝は下手くそな女優を迎えるために(苦笑)、下手でも華がある女優さんがセンターをやればいいことになっているが、高野さんはそもそも華無いし。
だったら智恵ちゃんの方が良かったよ。あ、でもあっちはスターさんだもんなあ。余計無理か。
あれじゃあ全教徒40万ついちゃこないでしょう。東大トップ入学?無理無理。って思っちゃうよ。

2000は内田有紀ちゃんのだよね?
こっちは脚本そのものが若干微妙だしなあ…。
せめて岳男を出してくれば、ちゃんとした解散公演になっただろうに。
岳男は何やってんの?なんで出てこないの????

もし他の公演を見るのなら、武田さんと智恵ちゃんの蒲田だが、この週は物理的に無理なので、これで北区解散公演は見納めだなあ。
まあわたしの北区は前途のとおり、この人たちで事実上終わりみたいなもんだからいっか。

昔の北区の公演は、幕が開くまで誰が出るのか分からないことが常だった。
「とりあえず誰が出るか分からないから取っておくか」ってチケットを押さえて、運が良ければ好きな役者さんが出るっていうこともあった。
「★☆」は勝ち抜きを表していて、みんなで一つの役を必死に取り合うのが、昔の北区の売りでもあり、厳しいところだったのだ。

でもいつからか、そんなこともめっきり無くなってしまったのだろう。
それが結果的に役者を育てきれなかったという、今の北区の姿になっているのだと思う。
「つかこうへい」というネームバリューでお客さんが来るのを、さも自分が大物になったような気がしている役者が少なからずいるように思える。
それがどん欲に外の世界に仕事を求めていかない理由となり、役者としての幅をさらに小さくしているように感じてしまう。

誰を取っても「この役者さんいいな〜」と思った人がいない。
「なかなかいいなあ〜」って思ったソンハくんはさっさと辞めたし。
そんな劇団に見切りをつけて行ったんだと思うんだ、正直な話。

でも、つかさんの芝居は大好きだし、つかさんの言葉が一回身体を抜けた人でなければ、あのつか節は表現できないとも思う。
そういう人たちが後世にあの珠玉の戯曲たちを残していってくれて欲しいとももちろん思う。
だから毎年つかさんの命日あたりにOBによるつか芝居やってくれないかな。
神尾さんの伝兵衛+智則か友部くんの大山による熱海、智則&誰かのロマンス、きゃーーーーーーっ。みたい!みたいよ!!!!(結論はそこかよ?)

9 Responses to “「初級革命講座飛龍伝80′」終わりました〜”

  1. Says:

    ぶるぶるさん、お久しぶりです。
    わたくしは土曜日の夜の回で、ずいぶん久しぶりに、ゆうじの舞台を見せてもらいました。千秋楽が理想的でしたが、仕事の都合上、土曜日で我慢しました。
    これまで何度となく弟を観てきましたが、スピードとコントロールもある重い球、しかも緩急もつけられるピッチャーになってました。素直に嬉しいです。
    見終わってから、大勢連れて観劇バスツアー組めば良かったと(笑)
    いつもいろいろとありがとうございます!いつも見てるだけでしたが、ぶるぶるさんのレポに感動し、つい書き込みしてしまいました。

  2. ぶるぶる Says:

    お久しぶりです、お兄様。
    このたびはわざわざメッセージを残してくださりありがとうございました。
    久々の舞台、福島からわざわざいらっしゃったのですね。
    てっきり、観光バス貸し切ってご一同でいらっしゃるのかと思ってました。

    お兄様がゆーじくん(あえてこの呼び方で)のことを、暖かく、そして厳しい目で見ているというのが、単純にすごくうらやましいです。

    劇団を出てもう10年あまり。いろいろありましたよね。
    私が知らないこともたくさんあったと思います。

    大河の時に娘さんが「うーちゃんしんじゃったね」って言ってくれたって話も心温まりましたが、もうそんな娘さんも中学生ですもんね。
    本当に月日が経つのは早いものです。

    その月日を無駄にしないでここまで頑張ってこられたゆーじくんを、見続けてこられたことに感謝です。ほんとに。
    これから先もますます楽しみですね。
    次の機会には是非貸し切りバスを福島から出してくださいませ!

    ついでに勝手なことばっかり言っている、アホな連中の集うこのサイトのこともこれからもよろしくお願いします。

  3. Says:

    早速の対応ありがとうございます!

    では次回、大型バスで劇場前に乗り付け、添乗員さながらツアー旗振って参上いたします(笑)って…次回があるのか!?
    調子にのりまして失礼しました。

  4. ぶるぶる Says:

    いえいえ是非実現するように、お兄様からも次の機会を早急に作るように言ってくださいませ。
    あー楽しそうだなあ、そのツアー。一回福島まで行けばわたしも参加できますか?
    後ろからカメラ回しておきます。

  5. kanaberon Says:

    ぶるぶるさん、レポありがとうございます。
    ああ~、千秋楽行きたかった・・・。カーテンコールそんな展開だったとは・・・。
    でも正直神尾さんの舞台はこの先見れることがないのかなと思っていたので
    本当に今回見ることができて幸せでした。
    ぶるぶるさんが舞台舞台とおっしゃっていた(笑)意味も凄く納得です!
    映像だけだともったいないですよね。
    OBによるつかさん舞台大賛成です。署名集めましょう(笑)
    そしてその折には是非とも神尾さんご家族でツアーくんでいただきたいですね!

  6. ぶるぶる Says:

    つかさんの芝居は千秋楽に予告があったり、じゃんけん大会があったり、いつもいろいろイベントがあるのです。
    行けるのだったら楽は押さえておかないと、というのがお約束で。
    署名、集めましょうか。ね。
    どうせじじいになったら、ハードな舞台なんてできなくなっちゃうんだろうし(おいこら)、今のうちにたくさんやってほしいですな。

  7. しらね Says:

    本当に熱烈でしたね……何故だか、アイ子さんがお父さんを打ちのめす、例の台詞が脳内から離れません。
    もっと早くつか劇団に出会えばよかったと悔やみつつ、この舞台を客席で観られた幸運に感謝します。
    舞台には映像と異なるよさがありますし、年齢を重ねることで、違う味わいが出るでしょう。
    ぜひまた佑さんの生のお芝居を拝見したいですね。

  8. なーたん Says:

    千秋楽が観れなかったのが残念です。読んで、良かったんだと伝わってきました。
    智則さんのメット姿がお茶目で印象に残ってます。

    私は、神尾さんを「危険な関係」からの活躍しか知りません。ぶるぶるさんの日記を見ていろんな思いを知り、また神尾さんやつか芝居のことなど聞かせてもらいたいと感じました。
    芝居を観るのは好きなんですが、なかなか機会に恵まれないので、知らないとこが多いですけどね(苦笑)

  9. ぶるぶる Says:

    >しらねさん、なーたんさん
    感想ありがとうございます。

    あのメット、渋谷亜紀ちゃんのブログで神尾さんが被ってる写真ありましたよ。
    えーとこれですかね。
    http://ameblo.jp/wanlan-blog/entry-10907332116.html

    語り出すと長くなるので、また次の機会にでも。。。
    でも、なーたんさんも随分長いファンだと思いますよ。
    私がいうのもなんですが、見捨てないでいてくれてありがとうございます。