危険な関係 >>危険な関係50:華麗なる求婚

危険な関係50:華麗なる求婚

財団の設立パーティーに何故か潜り込む若槻。心なしかなんかヨレヨレです。
祝儀袋両手で持ちながらトボトボ歩いて来てますし。
「おめでとう(苦笑)。いよいよだな。これー、少ないけど気持ちだけ」
別にあなたの気持ちなんて今更欲しくないんですけどね。気持ちっていうんなら、にいなを連れてこい!!(美佐緒心の声)

「聞いたところじゃ君が理事長だって。しかも顧問弁護士は和也だっていうじゃないか。全く元亭主の俺は形無しだな。」
なんだかかわいそうになってきちゃったよ、若槻。若槻弁護士事務所は今や風前の灯火ですもんね。
静かに喋っているぅ。この感じ好き好き。

「美佐緒、俺の気持ちは今でも変わらない。俺たちもう一度やり直さないか。」
だから結婚っていうのは両者の気持ちが揃わないとできないんだってば。何回言えば分かるのか?このアホ若槻。
「悪いけれど、まだ準備が残っているの」と逃げる美佐緒になおもすがり続けます。
「何故だよ、俺の何が気に入らない。俺は別に浮気をしたわけでもなければ、お前やにいなを捨てて遊び歩いていたわけでもない。ただお前たち二人を幸せにしようと賢明に働いていただけなんだ。そんな俺のどこが悪い!!!
まあ若槻さんの主張はそうなんでしょうが、もう事態はそういう問題じゃないんだよね。
ここまで来ちゃうと「あんたのすべてが気に入らない」という他にないと思うよ。人ごとながら。

バカ力で美佐緒さんの腕を掴んでいたようで「痛いわ、離して」と美佐緒さんに逃げられそうになってます。
翌朝、きっと両手があざだらけになったことでしょう。かわいそうな美佐緒さん。
しっかり話し合って別れないから、こういう目になるんだよね。

「なあ、やり直そう、頼むよ。そうすればにいなだってどんなに喜ぶか。」
「美佐緒、美佐緒」と何故か襲いかかる若槻
「すまない、寝不足気味でどうかしてた」
ってをいをい。その理由はおかしいだろ。何をやっても寝不足って言えば許されるのか?
あー、あれですか、寝不足で欲情するってやつ。(以下自粛)

美佐緒が避けたひょうしに花を倒してしまいました。「すまない」と言って足早に去る若槻さん。
これからどこへ行くんですか?さっさと家に帰って寝た方がいいですよ。

第3部が始まりましたね。
オフィシャルの人物相関図もちょっと変わっています。
こういうちょっとしたことって嬉しいな。

Trackbacks [0]

TrackBack URL for this entry:

ユウレポ

ゆうくんの出演した番組のレポート

Category List

Report of this Category