危険な関係 >>危険な関係65:恋は野の花…

危険な関係65:恋は野の花…

「待てよ、木崎律。お前に逮捕状が出てる。」と律の前に立ちふさがる若槻さん。
弁護士にそんな権限は無いと思うんですけど、なんなんでしょ、この偉そうな態度は?
「あきらめろ、いつまで逃げるつもりだ。」
心なしか目の下にクマがありませんか?うちのパソコンがおかしいんですか??
律の猫だましに引っかかってます。さすがだ。(なにが?)
「待てっ!!」と足場の悪い山の中を一生懸命走って追っかけていきます。というよりは転がり落ちて行きます。
どう考えても若槻さんの方が不利なのに(靴とか慣れとか)、何故か追いついちゃうのがドラマの怖いところ。
もみ合う二人、一体どうしたいんでしょうか?(爆)絶壁のところで律を捕まえました。「もう終わりだな。お前も男なら最後くらい潔くしたらどうだ。」うぉ、この顔かっちょええです。(*^-^*)
「無様に逃げ回って。社長がいつも言っていたように、お前はやはり三流だな。」
三流の弁護士からそんなこと言われたくないですー。(律、心の声)
「じゃまだ、どけ!」と律に手を払われると案の定、崖から落ちそうになってます。キャーキケン!なんとなく(全然必死じゃない)もがく若槻さん。昇れそうなんだけどねえ。足時々地面についてるし。なんか変なところに力が入っているみたいに見えます。
律に助けられちゃいました。そして律の人形は崖下へ。あれ?こんなに高いところだった?そうは見えなかったけど。
例の教会で祈る美佐緒。誰かがにいなを連れてきましたよ。
にこやかに笑う若槻さん。インチキくさい笑顔が戻ってきたー!ちょっと嬉しい(バカ)。おでこが出ていて、クマも消え、心なしかすっきりしたご様子。憑き物が取れたみたいですな。取れたといえば、弁護士バッチがないーーー!!!「九州へ帰ることにしたよ。」ってあんた出身地九州だったの??
「せっかく助けて貰った命だ。俺も心機一転やり直す。」
あなたにならきっとできるわ、と美佐緒から暖かい言葉を貰い、ちょっと嬉しそうにはにかんでます。
「それはそうと、例の遺産相続に関する訴訟の件だが、あれは結局証拠不十分で不起訴になった。」そりゃそうだろう。あれで捕まっちゃったら警察に不審を抱いちゃうわ。
「要するに彼が遺産をだまし取ったという事実は認めにくいと、警察がそう公式に判断したんだ。」
この前まで「証拠なんていいんだって、いつでも俺が作ってやるんだって(by伝兵衛)」風に言っていたのに、命を助けられて人格変わったわね。

あー、終わっちゃいましたねー。
最後、律の目が開くんだと思っていたら開かなくてびっくり。
それから、若槻さんが九州出身だということが分かってさらにびっくり。
若槻さんでは、いろんなユウジくんが毎日見られて楽しかったなあ。
柊子の頭痛の伏線とか、遺書とか、納得が行かないことがいっぱいあるけど、是非是非スペシャルでもやって回収していただきたいものです。

何はともあれ、長い間、楽しませてくれてありがとう。こちらも十分に楽しんだ三ヶ月でした。
毎日三ヶ月って楽しくていいわねー。ずっぽりユウジくんにはまれました。

レポートを読んでくださったみなさん、こんな偏見ばっかりなアホな文章にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
結構たいへんだったけど、文字に起こすのは楽しい作業でした。
次の機会がありましたら、また懲りずに読んであげてくださいませ。

Trackbacks [0]

TrackBack URL for this entry:

ユウレポ

ゆうくんの出演した番組のレポート

Category List

Report of this Category